前へ
次へ

歯科で保険適用から自費診療にすると

一般的な歯科治療を受ける際には健康保険を適用させて、自己負担分を大幅に下げることができます。ただそれはあくまでも健康上に問題を出さない程度までという、最低限の内容となります。したがって歯の詰め物に使用するのはレジンプラスチックで、被せ物は銀を中心に使用されます。そしてその素材は保険ではなく自費診療扱いにすると、質を高めることができます。定番なのが陶器の一種であるセラミックで、程よい透明感を持つため自然な状態に近付けられるという強みを持っています。その他にも金属アレルギーの心配をせずに済むジルコニアなど、奥歯に適したものもあります。また歯がなくなってしまった場合も同様で、基本は入れ歯ですが自費診療になるとインプラントが選択肢に出てきます。手術を受けてあごの骨に土台を埋めた後、人工歯を取り付けるというものです。ただいずれも自費診療なので費用は数十万円から百万円を超えることもあるため、その支払いができる余裕があることが条件になります。

Page Top